*

インターバンク相場

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨を売買の注文をして差益を生み出す商品です。

 

価格は1日中動いています。

 

それが為替相場です。

 

インターネットを見ていると、ドルやユーロの為替相場の情報が流れるケースがあります。

 

見かけるのが、「今のドルは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表しています。

 

別の言い方をすると、買値と売値の2つの値が存在します。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと示している取引会社も存在しています。

 

普段は売値のほうが買値よりも安い価格に決められています。

 

買値は高く、売値は低くなるのです。

 

この差額をスプレッドといい、取引会社の収入のひとつといわれています。

 

スプレッドの広さは取引会社によって変化します。

 

スプレッドの広さは自分にとって費用になるので低いFX会社をセレクトしたほうが有利です。

 

ただ、同じ業者でも場面に応じてスプレッドの幅は大きくなったり小さくなったりします。

 

仮にいつもはドル円のペアでわずか1銭のスプレッドの差とは言っても為替の上下がとても激しい状態では大きくなったりする場面があります。

 

そのため、スプレッドが狭いのと同様に、変化が小さい事が大切です。

 

近頃では固定したスプレッドを見せるFX会社もたくさん存在しています。

 

実際に業者の売り買い画面の上で相場を確かめなければわからないのでやっかいですが必要な事です。

 

貴重な資金を賭けてエントリーするわけですから取引の前に、魅力的に思えた会社の取引口座開設を試して、表示されているスプレッドの幅を見ておきましょう。

 

同じ通貨の組合せ、そのときの相場のボラティリティによって、通貨ペアのスプレッドの差は異なる場合があります。

 

たいがい、インターバンク相場で流動性の高い通貨の組合せではスプレッドが狭くこの他の外貨ではスプレッドの幅が広くなる事があります。

 

次の記事も読んでね!!

  1. インターバンク相場
  2. テスト


コメントする